PBAジャパン会員募集!!
マスコミ様からのお問い合わせ
YouTube PBAJAPAN 大会動画
facebookページはこちら

マスコミに掲載されました

akipのボウリングのヒント

akipのボウリングのヒント

PBAグッズ注文 通信販売

PBAニュース 2010年11月

PBAニュース 2010年11月

PBAワールドシリーズ・オブ・ボウリングで大記録達成!!
著者:Bill Vint 11月4日2010年

ラスベガス(ネバダ州)LAS VEGAS, Nev. –PBAのボウリングが始まってから52年、記録の壁は塗り替えられないと思う頃だと思われると思いますが、しかし今年の2010年ワールドシリーズ・オブ・ボウリングでは数々の記録が塗り替えられました。
10月25日から開催されたPBAワールドシリーズは252人のボウラーたちが5つのパターン(通称アニマルパターン)で大会を行いました。12日のボウリングマラソンはチーター、ヴァイパー、カメレオン、スコーピオン、シャークの順に行われ、それぞれのTV決勝が金曜日、土曜日に行われ11月28日13:00にテレビ放映される。
この60ゲームの合計スコアがPBAワールドチャンピョンシップのスコアとなり、上位8選手が来年1月14日~16日にサウスポイントで行われる決勝に出場、史上初の3日間生中継TV決勝がESPNとESPN2で行われる。
さらにこの60ゲームトータルピンは米国選手上位6名および海外選手上位6名を決定。史上初のアメリカVS世界選手が土曜日17:30から行われ、来年1月9日13:00にTV放映される。

ボウリングファンのために今回の決勝の注目すべき点をあげてみた。

● 今回の1位通過の選手は全て過去にTV決勝に1位で進出した経験がない。しかもチーター大会1位通過選手のEugene McCuneが唯一PBA大会の優勝経験が

● 他の大会の1位通過者はTV決勝の経験がなく、もちろんPBA大会の優勝経験もない。ヴァイパー大会はコロンビアのAndres Gomez、カメレオン大会はカリフォルニア州のScott Norton、スコーピオン大会は韓国のJun-Yung Kim、そしてシャーク大会はカナダのDan MacLelland。

● チーター大会の上位5名は全て米国国籍のボウラーだが、他の4大会は最低でも1人の海外勢が進出している。

● McCune選手はPBAチター大会にて9ゲーム記録を塗り替えた。マッチプレーにて9-0を達成しアベレージがなんと274.22の新記録を達成、トータルピン2,468。スコアは次の通りです300, 253, 275, 279, 279, 279, 236, 300 と 267。この記録はさらには800シリーズ3連続、279の3連続をも達成した。USBCで以前にはDoug Kent が2003年4月に打ち出した2,463が今回は破られる結果となった。

● チーター大会のディフェンディングチャンピョンはNorm Dukeで、今回もTV決勝に進出、2連覇達成に期待が。他の大会のディフェンデイングチャンピョンはRhino Page (ヴァイパー)、Bill O’Neill (カメレオン)、Mike DeVaney (スコーピオン)とJack Jurek (シャーク)で今回は決勝進出ならず、2連覇の可能性はなくなった。

● スコーピオン大会のTV決勝は史上初の海外勢4名と1名のアメリカ選手(O’Neill)の対戦となる。

● Nortonと韓国のYong-Jin Gu (スコーピオン)の2名がTV決勝進出者の中で唯一の左利きボウラー。さらにフィンランドのKimmo LehtonenはアメリカVS世界選手のチーム戦での唯一の左利きボウラーになった。

● 海外勢でPBAタイトルを取得している選手はMats Karlsson (スウェーデン)、Amleto Monacelli (ベネズエラ)、Mika Koivuniemi (フィンランド)とJason Belmonte (オーストラリア)。

● フィンランドのOsku PalermaaとオーストラリアのJason Belmonte、両手投げのトップボウラーがシャーク大会のTV決勝であたる。さらにはPBAワールドチャンピョンのTom Smallwoodは1.5手投げ?とも言われている。サムホールにほとんど親指を入れていないことから左手でボールを支えているからだ。いずれにしてもこれほどの個性あふれるボウラーのTV決勝で集まるのは初めてだ。

2010 PBA ワールドシーリーズ・オブ・ボウリング
サウス・ポイント ボウリングセンター、ラスベガス(ネバダ州)
BRUNSWICKプロボウリング チーター・チャンピョンシップ
(21ゲーム終了時点、TV決勝進出 総合成績)

1, Eugene McCune, Munster, Ind., 9-0, 5,612.
2, Ritchie Allen, Columbia, S.C., 5-4, 5,386.
3, Norm Duke, Clermont, Fla., 7-2, 5,375.
4, Michael Haugen Jr., Carefree, Ariz., 6-3, 5,344.
5, Lonnie Waliczek, Wichita, Kan., 5-4, 5,329.

PEPSI ヴァイパー・チャンピョンシップ
(21ゲーム終了時点、TV決勝進出 総合成績)

1, Andres Gomez, Colombia, 6-3, 4,964.
2, Tommy Jones, Simpsonville, S.C., 7-2, 4,962.
3, Mike DeVaney, Murrieta, Calif., 7-2, 4,908.
4, Bill O'Neill, Southampton, Pa., 5-4, 4,905.
5, Amleto Monacelli, Venezuela, 7-2, 4,893.

カメレオン・チャンピョンシップ
(21ゲーム終了時点、TV決勝進出 総合成績)

1, Scott Norton, Costa Mesa, Calif., 7-2, 4,932.
2, Wes Malott, Pflugerville, Texas, 6-3, 4,915.
3, Chris Barnes, Double Oak, Texas, 5-4, 4,903.
4, Sean Rash, Wichita, Kan., 6-3, 4,846.
5, Osku Palermaa, Finland, 5-4, 4,843.

スコーピオン・チャンピョンシップ
(21ゲーム終了時点、TV決勝進出 総合成績)

1, Jun-Yung Kim, Korea, 7-2, 4,901.
2, Jason Belmonte, Australia, 4-5, 4,898.
3, Bill O'Neill, Southampton, Pa., 6-2-1, 4,894.
4, Yong-Jin Gu, Korea, 5-2-2, 4,883.
5, Dan MacLelland, Canada, 4-4-1, 4,879.

GEICO シャーク・チャンピョンシップ
(21ゲーム終了時点、TV決勝進出 総合成績)

1, Dan MacLelland, Canada, 8-1, 5,087.
2, Osku Palermaa, Finland, 6-3, 4,946.
3, Tom Smallwood, Saginaw, Mich., 6-3, 4,921.
4, Jason Belmonte, Australia, 4-5, 4,909.
5, Mike Fagan, Patchogue, N.Y., 7-2, 4,888.

アメリカVS.世界選手 ワールドチーム・チャンピョンシップ
(60ゲーム終了時点での上位6選手gはチーム戦に出場) USA予選通過選手

1, Bill O'Neill, Southampton, Pa., 13,606.
2, Sean Rash, Wichita, Kan., 13,563.
3, Chris Barnes, Double Oak, Texas, 13,506.
4, Michael Haugen Jr., Carefree, Ariz., 13,425.
5, Wes Malott, Pflugerville, Texas, 13,408.
6, Ronnie Russell, Marion, Ind., 13,375.

世界選手 予選通過選手

1, Osku Palermaa, Finland, 13,544.
2, Mika Koivuniemi, Finland, 13,496.
3, Jason Belmonte, Australia, 13,405.
4, Amleto Monacelli, Venezuela, 13,365.
5, Kimmo Lehtonen, Finland, 13,269.
6, Dan MacLelland, Canada, 13,267.

PBAワールドチャンピョンシップ予選通過選手
(60ゲーム終了時点での上位8名がPBAワールドチャンピョンシップTV決勝へ進出)

1, Bill O'Neill, Southampton, Pa., 13,606.
2, Sean Rash, Wichita, Kan., 13,563.
3, Osku Palermaa, Finland, 13,544.
4, Chris Barnes, Double Oak, Texas, 13,506.
5, Mika Koivuniemi, Finland, 13,496.
6, Michael Haugen Jr., Carefree, Ariz., 13,425.
7, Wes Malott, Pflugerville, Texas, 13,408.
8, Jason Belmonte, Australia, 13,405.



当社契約プロ:川添奨太選手が初優勝!しかもTV決勝をパーフェクトで飾る!!
(JPBA)
川添 奨太 21歳 (49期生)プロ入り2010年
ABSジャパンオープン
初優勝!さらにTV決勝でパーフェクト2回!
初優勝を優勝賞金500万円
TVパーフェクト賞2個で2000万円、計2500万円獲得で飾る。

今年プロ入りした川添選手は、11月4日~7日まで行われたABSジャパンオープンにて初優勝を飾った。
今年鳴り物でプロ入り、
ROUND1 CUP 2010 第2位
第5回MKチャリティカップ 第2位に続き、
早くも初優勝!

女子クイーンズでは、PBA選手の
ウエンディ・マックファーソンが優勝!

さらに川添選手に負けじと、
TV決勝でパーフェクトを達成!

詳細はJPBAホームページで→http://www.jpba.or.jp/



2010 PBA WORLD SERIES OF BOWLING速報
サウスポイントボウリングセンター Las Vegas
スコーピオン・チャンピョンシップ

(21ゲーム終了時点+マッチプレーのボーナスピン合計の上位5名、決勝ステップラダーは土曜日11:00から行われます)

1, Jun-Yung Kim, 韓国, 7-2, 4,901. 2, Jason Belmonte, オーストラリア, 4-5, 4,898.
3, Bill O'Neill, Southampton, Pa., 6-2-1, 4,894.
4, Yong-Jin Gu, 韓国, 5-2-2, 4,883.
5, Dan MacLelland, カナダ, 4-4-1, 4,879.

カメレオン・チャンピョンシップ

(21ゲーム終了時点+マッチプレーのボーナスピン合計の上位5名、決勝ステップラダーは金曜日15:00から行われます)

1, Scott Norton, Costa Mesa, Calif., 7-2, 4,932.
2, Wes Malott, Pflugerville, Texas, 6-3, 4,915.
3, Chris Barnes, Double Oak, Texas, 5-4, 4,903.
4, Sean Rash, Wichita, Kan., 6-3, 4,846.
5, Osku Palermaa, フィンランド, 5-4, 4,843.

PEPSI ヴァイパー・チャンピョンシップ

(21ゲーム終了時点+マッチプレーのボーナスピン合計の上位5名、決勝ステップラダーは金曜日13:00から行われます)

1, Andres Gomez, コロ, 6-3, 4,964. 2, Tommy Jones, Simpsonville, S.C., 7-2, 4,962.
3, Mike DeVaney, Murrieta, Calif., 7-2, 4,908.
4, Bill O'Neill, Southampton, Pa., 5-4, 4,905.
5, Amleto Monacelli, ベネズエラ, 7-2, 4,893.

ブランズウィック プロボウリング チーター・チャンピョンシップ

(21ゲーム終了時点+マッチプレーのボーナスピン合計の上位5名、決勝ステップラダーは金曜日09:00から行われます)

1, Eugene McCune, Munster, Ind., 9-0, 5,612.
2, Ritchie Allen, Columbia, S.C., 5-4, 5,386.
3, Norm Duke, Clermont, Fla., 7-2, 5,375.
4, Michael Haugen Jr., Carefree, Ariz., 6-3, 5,344.
5, Lonnie Waliczek, Wichita, Kan., 5-4, 5,329.



PBAワールドシリーズニュース PBAワールドシリーズマラソンの舞台で安定してBILL O’ NEILLがトップを走る!
著者:BILL VINT

LAS VEGAS(ネバダ州):SOUTH POINTで開催されているPBAワールドシリーズは、陸上に例えると複数の短距離走を組み合わせて長距離走になっています。
各ボウラーは各アニマルパターンの大会で12ゲームを投球し、上位16人を目指していますが、本当の戦い5大会の合計60ゲームでの順位で、2010年PBAワールドシリーズ(シードツアーのメジャータイトル)のチャンスを手にすることができます。

先日USオープンで優勝したBILL O’ NEILL、短距離は苦手でも長距離では活躍を見せています。現段階ではO’NEILLは大会優勝と言うポジションにはつけていませんが、来週から行われるアニマルパターンのマッチプレーへの参加が決定しています。252人のボウラーの中で一番安定していると言えるでしょう。
チーター大会では15位、ヴァイパー大会では8位、カメレオン大会では7位(ディフェンディングチャンピョン)、そしてスコーピオンで13位と言う好成績を残しています。60ゲーム中48ゲームが終了した時点、PBAワールドチャンピョンシップでは1位になっています。

金曜日に行われる12ゲームが終了時点で、上位8名(ESPN/ESPN2TV決勝)は硬いところだと思います。この12ゲームでも更なる好成績を残すことができれば、来任1月14日から行われる3日間のTV中継決勝に残る事ができます

48ゲーム終了時点でO’NEILLは228.52AVE(合計10,969ピン)を達成、2位のSEAN RASHに30ピン差をつけています。
PBAワールドシリーズのディフェンディングチャンピオンTOM SMALLWOODは30位の位置につけています。金曜日に行われるシャーク大会ですべてが決まります

PBA WORLD CHAMPIONSHIP 順位

(60ゲーム中48ゲーム終了時点;上位63名が賞金確定;上位8名がTV決勝ステップラダーに進出(1月14日、15日、16日))

1, Bill O'Neill, Southampton, Pa., 10,969.
2, Sean Rash, Wichita, Kan., 10,939.
3, Mika Koivuniemi, Finland, 10,901.
4, Chris Barnes, Double Oak, Texas, 10,867.
5, Norm Duke, Clermont, Fla., 10,834.
6, Brian Kretzer, Dayton, Ohio, 10,808.
7, Mike DeVaney, Murrieta, Calif., 10,793.
8, Michael Haugen Jr., Carefree, Ariz., 10,787.
9, Tyler Jensen, Ft. Worth, Texas, 10,781.
10, Lonnie Waliczek, Wichita, Kan., 10,779.
11, Ritchie Allen, Columbia, S.C., 10,776.
12, Chris Loschetter, Avon, Ohio, 10,770.
13, Kimmo Lehtonen, Finland, 10,755.
14, Amleto Monacelli, Venezuela, 10,746.
15, Wes Malott, Pflugerville, Texas, 10,734.
16, Osku Palermaa, Finland, 10,730.
17, Tommy Jones, Simpsonville, S.C., 10,725.
18, Jeff Carter, Springfield, Ill., 10,691.
19, Jason Sterner, McDonough, Ga., 10,672.
20, Jason Belmonte, Australia, 10,665.
21, Mike Fagan, Patchogue, N.Y., 10,664.
22, Ronnie Russell, Marion, Ind., 10,652.
23, Danny Wiseman, Baltimore, 10,626.
24, Martin Larsen, Sweden, 10,620.
25, Steve Jaros, Yorkville, Ill., 10,611.
26, Pete Weber, St. Ann, Mo., 10,607.
27, Mike Scroggins, Amarillo, Texas, 10,598. 28, Scott Norton, Costa Mesa, Calif., 10,596. 29, Eugene McCune, Munster, Ind., 10,592.
30, Tom Smallwood, Saginaw, Mich., 10,587.
31, Andres Gomez, Colombia, 10,584.
32, Dan MacLelland, Canada, 10,553.
33, Brad Angelo, Lockport, N.Y., 10,501.
34, Stevie Weber, Chalmette, La., 10,491.
35, Parker Bohn III, Jackson, N.J., 10,486.
36, Dominic Barrett, England, 10,478.
37, Bryon Smith, Roseburg, Ore., 10,471.
38, Kip Roberts, Glenallen, Va., 10,468.
39, Eddie VanDaniker Jr., Essex, Md., 10,449.
40, Chris Warren, Grants Pass, Ore., 10,448.
41, (tie) Joe Ciccone, Buffalo, N.Y., and Patrick Allen, Wesley Chapel, Fla., 10,435.
43, Nathan Bohr, Wichita, Kan., 10,420.
44, Andy Mortensen, Irving, Texas, 10,412.
45, Ryan Shafer, Horseheads, N.Y., 10,403.
46, Tom Sorce, Blasdell, N.Y., 10,395.
47, Tony Reyes, San Bruno, Calif., 10,388.
48, Patrick Girard, Canada, 10,376.
49, Dino Castillo, Carrollton, Texas, 10,364.
50, D.J. Archer, Mineral Wells, Texas, 10,353.
51, Gregory Thompson Jr., Dublin, Calif., 10,344.
52, Lennie Boresch Jr., Kenosha, Wis., 10,338.
53, Michael Machuga, Erie, Pa., 10,333.
54, Mark Buffa, Canada, 10,329.
55, Kelly Kulick, Union, N.J., 10,314.
56, Joe Paluszek, Bensalem, Pa., 10,305.
57, Peter Ljung, Sweden, 10,298.
58, Randy Weiss, Columbia, S.C., 10,283.
59, David Haynes, Las Vegas, 10,279.
60, Jun-Yung Kim, Korea, 10,278.
60, Brian Voss, Alpharetta, Ga., 10,278.
62, Eddie Graham, Centerville, Ohio, 10,276.
63, Dennis Horan Jr., Temecula, Calif., 10,272.
64, Jack Jurek, Lackawanna, N.Y., 10,261.
65, Dave D'Entremont, Middleburg Heights, Ohio, 10,256.



オーストラリアのJASON BELMONTEがスコーピオン大会予選を制す!

オーストラリアから参加しているJASON BELMONTEが、12ゲームAVE234.58で木曜日に行われたスコーピオン大会の予選を1位で通過した、2位のEUGENE McCugeneに57ピン差をつけた。

木曜日のスコーピオン大会の上位16人は来週火曜日に行われる9ゲームのラウンドロビン、マッチプレーを行う。21ゲーム終了時点での上位5人が11月5日に行われるTV決勝に進むことができる。
BILL O’NEILLディフェンディングチャンピオンは7位につけ予選を見事通過、過去3回連続の上位16位通過を達成した。

ワールドシリーズの3大会終了時点でO’NEILLが252人の中で唯一すべての大会(チーター、ヴァイパー、カメレオン)の予選を通過している。3大会終了時点では実に38人のボウラーが来週行われるマッチプレーに進出している。

スコーピオン大会予選 順位

(12ゲーム終了時点;上位16名が11月2日のラウンドロビンに進出)

1, Jason Belmonte, Australia, 2,851.
2, Eugene McCune, Munster, Ind., 2,794.
3, Dan MacLelland, Canada, 2,790.
4, Mike Fagan, Patchogue, N.Y., 2,783.
5, Martin Larsen, Sweden, 2,749.
6, Mike DeVaney, Murrieta, Calif., 2,739.
7, (tie) Paul Moor, England, and Jason Sterner, McDonough, Ga., 2,730.
9, Amleto Monacelli, Venezuela, 2,714.
10, Jack Jurek, Lackawanna, N.Y., 2,707.
11, Jun-Yung Kim, Korea, 2,701.
12, Chris Barnes, Double Oak, Texas, 2,690.
13, Bill O'Neill, Southampton, Pa., 2,686.
14, Yong-Jin Gu, Korea, 2,685.
15, Eddie VanDaniker Jr., Essex, Md., 2,683.
16, Chad Kloss, West Allis, Wis., 2,678.



アメリカ VS. 世界戦:フィンランドが現在トップをマーク

PBAワールドシリーズのもう一つの楽しみがこのアメリカVS.世界戦だと思います。
11月6日に行われるこの対戦は、後日ESPNで放送されます。
60ゲーム終了時点での国内選手上位6名及び、国外選手上位6名1ゲームのチーム戦を行います。

48ゲーム終了時点での国内上位6名は:Bill O’NEILL、 SEAN RASH、CHRIS BARNES、NORM DUKE、BRIAN KRETZER、MICHAEL DEVANLEYの6名。
国外選手は:MIKA KOIVUNIEMI、KIMMO LEHTONEN、OSKU PALEMAA(フィンランド)、AMLETO MONACELLI(ベネズエラ)、JASON BELMONTE(オーストラリア)、MARTIN LARSEN(スウェーデン)



シャーク大会にPBAが $28,000 を賞金総額に上乗せ!

PBAワールドシリーズが事前予想を上回ったことでPBAは最後に残されたシャーク大会の賞金総額を上乗せした。
通常では上位16名が賞金対象となるところ、シャーク大会のみ上位50名まで賞金を繰り下げた。
思わぬボーナスにより、PBAワールドシリーズ最後の予選大会、是非ご覧ください。



ボウリングボールメーカーが新商品をアピール!デモンストレーションも。

PBAワールドシリーズを観戦している皆さんにうれしいニュースです。
SOUTH POINTボウリングセンターで10月31日~11月3日までボウリングメーカー各社によるデモンストレーションが開催されます。
この模様は録画されPBAのXTRAFRAMEにて後日放送されます。



PBAワールドシリーズ ボウリングコラム:

● KELLY KULICKが女性ボウラーの中で1位につけています、総合順位は55位(10,314ピン)、先日のスコーピオン大会での35位で順位が上昇した。
2位はLIZ JOHNSONで77位(10,187ピン)につけている、今回は10名の女性ボウラーが参加している。

● 本大会の最年少ボウラーは17歳のZACK HATTORIとMORGAN O’BRIAN、両者ともに奮闘している。2010年TEEN MASTERSの優勝選手は48ゲーム終了時点で173位と213位につけている。
スコーピオン大会ではHATTORIが192.92AVEで187位、O’BRIENが189.42AVEで194位になった。現時点ではまだ賞金獲得に至ってはいないが、もしを獲得すればUSBCの奨学金として支払われることになる。
残すところ12ゲーム是非頑張ってほしいところだ。


PBAニュースは、PBAの意向に沿って、PBA公認のもと日本語に翻訳して表示しております。
株式会社 ジャパン ボウリング プロモーション
〒358-0026 埼玉県入間市小谷田(大字) 1262-2
fuji BOWL内
TEL : 04-2934-4142 FAX : 04-2934-7155
MAIL: メールフォーム
埼玉県入間市のボウリング場はフジボウル!世界初PBA認定のボウリング場 PBA FUJI BOWL webサイトはこちら
過去の大会結果
PBAツアーライセンス申込み
TVボウリング番組放映スケジュール

エクストラフレーム

PBAオイルパターン公認センターの証 申し込み受付中

PBAプロアマチャレンジ

私たちのグループ

モバイルサイト

早速ケータイにも登録しよう!
モバイルサイトはこちらから

QRコードから
JBPモバイルサイトに
アクセスできます。

今後プレゼントやお知らせなど、特典や情報をゲットするために、あなたのケータイの「ドメイン受信設定」をおすすめします。
japanbowlingpromotion.com
のドメイン受信設定をお願いします。