ESPYベストボウラー賞にベルモンテ、ウェバー、ノートンがノミネート
著者:ジェリー・シュナイダー 7月1日

2013年のESPYアワードには2012年-2013年PBAツアーで見事2勝を果たしているジェイソン・ベルモンテ、スコット・ノートン、
そしてPBAトーナメント・オブ・チャンピオンズを優勝し2回目の3冠王(メジャータイトル数歴代1位タイ)を達成したピート・ウェバーが 選ばれた。

ESPYベストボウラー賞は投票型で、ESPNアワードのボウラーカテゴリーから投票ができる。
締め切りは7月17日の現地時間午後17時にロサンジェルスで行われるESPYアワードが行われるまでの総合投票数で決まる。

ESPYアワードはESPNが選んだスポーツの各カテゴリーで優秀とされた人材がノミネートされ、
ノミネートされた選手をファン投票により受賞者を決める。

両手投げで有名なベルモンテは2011年にESPY賞を受賞しており、今年はLucas Oil BA Bear OpenとUSBCマズターズ(初メジャータイトル)で優勝。
タイトル獲得数を7に伸ばした、他にも5大会でベスト5入り、PBAワールド・チャンピオンシップ、
トーナメント・オブ・チャンピオンズとカメレオン・オープンでは準優勝を果たしている

ウェバーは3回目のESPY賞の受賞の可能性が。
今年で50歳、シニアの仲間入りを果たしたが、トーナメント・オブ・チャンピオンズで2度目の優勝を掲げ、三冠王を2度達成した(史上初)。
タイトル数は37勝になり、歴代3位のノーム・デュークとタイ記録、
メジャータイトル数は歴代1位のアール・アンソニーとタイ記録になった。
PBA50のシニアツアーでは初参加のUSBCシニアマスターズを見事優勝している。
ウェバーは2002年と2004年にESPYを受賞している。

ノートンの2勝は今シーズンのカメレオン・オープンとアール・アンソニー・プレイヤーズチャンピオンシップ。
他にも4大会で10位以内のフィニッシュ。
サウスポーボウラーで今季一番の活躍を上げている。

ウェバーとノートンはニューヨークシティWTTキングピンズのチームでPBAリーグに所属。
ビリー・ジーン・キングがオーナーのこのチームは、第1回PBAリーグの優勝チームに輝いた。

投票は7月17日アメリカ時間午後7時まで。
http://espn.go.com/espys/2013/
から『Click for More Categories』を選択し、4列目の3行(一番真ん中)の『Best Bowler』をクリック。
3人のボウラーで投票したいボウラーの写真をクリックし、投票を完了させてください。
あなたの1票が2013年ESPYのベストボウラーを決める!かも?

歴代ESPYベストボウラー賞受賞メンバー
HISTORY OF BEST BOWLER ESPY AWARD WINNERS

2012 – Sean Rash
2011 – Jason Belmonte
2010 – Walter Ray Williams Jr.
2009 – Norm Duke
2008 – Norm Duke
2007 – Norm Duke
2006 – Walter Ray Williams Jr.
2005 – Walter Ray Williams Jr.
2004 – Pete Weber
2003 – Walter Ray Williams Jr.
2002 – Pete Weber
2001 – Walter Ray Williams Jr.
2000 – Parker Bohn III
1999 – Walter Ray Williams Jr.
1998 – Walter Ray Williams Jr.
1997 – Bob Learn Jr.
1996 – Mike Aulby
1995 – Norm Duke
1994 – Norm Duke

PBAニュースは、PBAの意向に沿って、PBA公認のもと日本語に翻訳して表示しております。